インプラントをするメリットとは

もし、永久歯が抜けたり、抜くことになった場合、その後はどのように処置するかという問題があります。
選択肢としては、左右の歯に金属やセラミックをかぶせて付けるブリッジ、部分入れ歯、インプラントになると思います。
これらには、それぞれに、メリット・デメリットがあります。
一番簡単で、多く行われているのが、ブリッジだと思います。
これは、保険適用で行うことも出来ますし、入れ歯のように取り外しの必要もありません。
ですから、若い人などはまず、こちらを勧められることが多いと思います。
しかしブリッジの場合は、左右の健康な歯を削らないといけないというのがデメリットです。
また部分入れ歯の場合も、金具を引っ掛けるため、左右の歯を少し削ることがありますし、まだ若い場合は、抵抗がある人がほとんどでしょう。
そこでインプラントなのですが、金額が高く、期間がかかるということがデメリットですが、メリットとしては、歯を削らなくても良い、取り外ししなくて良い、自分の歯のように噛めるといったメリットがあります。